店舗せどり せどりスカウター編

こんばんわ!たらい嫁です!
今日も無駄に元気です!

今回は「せどりスカウター」を使った、店舗せどりの実践方法です。
店舗せどり手順でお話しした通り、
「せどりスカウター」というアプリをGoogle「Playストア」からダウンロードします。
スマホ操作についてまでは言及していませんのでご了承ください。

スマホから「Playストア」へアクセス。
sedori-1

「せどりスカウター」を検索すると、以下の画面がでてきます。
私は既にインストール済なので[開く]と表示されていますが、ここが
[インストール]になっているはずなので、クリックします。
sedori-2

インストール後、アプリを開きます。
こんな画面ですね。
基本的にはバーコードスキャンをしますので、[バーコード内蔵カメラ]をタップします。
sedori-3

スキャナーが起動するので、赤い枠の中にバーコードを合わせて
商品のバーコードを読み取ります。
ちょと画面が暗いですが(´・ω・`)
「データの取得中…」と表示され、読み取りしています。
sedori-6

商品のバーコードが読み取りできました。
まずは「Amazonでチェック」をタップしてみます。
sedori-7

この商品ですね。
sedori-8

一度戻って、今度は「amashow(モバイル)」をタップします。
モノレートが表示されます。
sedori-9

モノレート編にて、すでに見方は紹介しています。
この商品がアマゾンで売れている価格帯とランキングを確認します。
sedori-10

戻って、今度は「PriceCheck(モバイル)」をタップします。
「PRICE CHECK」もモノレート同様、価格変動を見るサイトですが、
すでにモノレートで確認しているため、ここで必要なのはJANコードだけです。
表示されているJANコードをコピーしておいてください。
コピー後、右下に「FBA料金シュミレータを表示する」と表示されているのでタップしてください。
sedori-12

「FBA料金シュミレータ」が表示されます。
使い方はFBA料金シュミレーター編で紹介しています。
残念ながら、商品コードが入っていないので(入れといてくれればいいのに~)
先ほどコピーしたJANコードを貼り付けして検索します。
sedori-13

「FBA料金シュミレータ」で手数料などを調べることができます。
sedori-14

これで、店舗にある商品を調べることができます。

まずは店舗へおでかけしてみて、「せどりスカウター」を使ってみてください。
どこへいったらいいのかな~と迷うでしょうが、
どこへ行ってもかまいません。(^^)

とはいえ、やっぱり迷いますよね。
とりあえず、食料品や衣料品は初心者向きではないので、
スーパーのおもちゃコーナーやヨドバシ、ビックカメラのような電化製品店(大勢せどらーさんいると思います)がいいんじゃないかと。

で、店舗にいったら、
・ワゴンセール品
・赤札品
・広告の品
なんかを「せどりスカウター」でバーコードスキャンします。

バーコードスキャンをして、あまりアマゾンと価格差がなければ、すぐ別の商品をスキャンしてください。
価格差がないのにモノレートを見る必要はありません。
ただし、価格差があってもチェーン店のセール品はだめです。
例えば、ト○ザらスのセールは全国一斉にやっています。
チェックして価格差がでていても、全国の人が、もっと言うと全国のせどらーさんが購入できてしまうので、数日で価格が下落します。
また、新品でも傷が多いもの、パッケージが破損しているものは新品としては出品できません。
できないわけではありませんが、高確率でクレームがきます。
もちろん、商品自体に傷がある場合は論外です。

傷については判断が難しい、とは思わないでください。
自分がネット注文して、この商品が届いて満足するか?
を考えてください。
新品を買って、新品に見えない商品が届けば、誰だって嫌です。
もしパッケージに傷がある商品を購入するなら、中古でも高値で売れる商品であるとか、
商品説明を詳しく書いて、ヤフオクで販売する自信があるものにした方が無難です。

まずは購入しなくてもいいので、たくさんバーコードスキャンしてみてください。
価格差がある商品がたくさんある店舗が何店舗もみつかれば、せどりのチャンスです。

こうして店舗せどりで見つけた商品は、ヤフオクやアマゾンで販売します。
ヤフオクについては、さらっとですが説明済なので、
次回以降は、アマゾンの登録と販売について説明していきます。

本日もお付き合いありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

たらい(嫁)

夫婦でアマゾン中心にせどりや輸出入やってます。 お堅い話はおいといて、これからせどりや輸出入を 始める人のために、いいことも悪いことも ぶっちゃけトーク|д゚)でお届けしたいと思います