アマゾン販売 特約&後納契約編

たらい嫁です。
沖縄に直撃はしていませんが、台風の影響で突然スコールがきます。
直撃だったら出荷どうしましょう?と気にはしていますが
今のところまだ直撃で出荷できなかった経験はしていません。
今年あたり…くるかな?

さて今回は、発送料金を安くするための配送業者さんとの特約&後納契約についてです。
自己発送方法といえば、ざっとこんな感じですかね。
・定形外
・ネコポス
・ゆうメール
・特約ゆうメール
・スマートレター
・ゆうパケット
・はこBoon
・はこBoon mini
・レターパックライト
・レターパック
・ゆうパック
・ヤマト便     などなど。

これらの配送業者さんに
「たくさん送るから料金安くして!支払いもめんどくさいから毎月まとめて!」
とお願いして契約するのが特約&後納契約になります。
もちろん契約には、一応基準がありますが、それほどハードルは高くありません。

FBA利用ならゆうパックやヤマト便、
自己発送ならネコポスやゆうメールの契約が多いですが、
お住まいの地域によってかなり違ってきます。

本当にベストな契約は
「追跡番号あり、配送早い、なるべく高さのある商品も送れる(3㎝はほしい)、安い」
契約だと思います。

まだ出荷少ないのに電話して聞くの恥ずかしぃ~
という照れやさんには、ヤマトならネットでの問い合わせもあります。
ネコポスこちら。

たらい家は、クロネコメール便があったときは特約&後納はせず、クロネコメール便をつかっていました。(コンビニに持ち込んでいたので、忙しい時間帯は嫌がられましたw。)
ネコポスになってからは割高になったので、
日本郵便様にてゆうメールとゆうパックの特約後納契約を結んでいます。
なぜゆうメールかというと、沖縄ではクリックポストやゆうパケットは船便になってしまうんです。
最長、10日かかったこともあります。←これはさすがに事故だろ!とぷんぷんです。

でも、沖縄や北海道でなければ、ゆうメールでなく別の契約にしていたと思います。
アマゾンは追跡を付けて発送しないとパフォーマンスに影響出るよ?的な動きをしているからです。
ゆうメールには追跡はついていません。
(特約ゆうメールなら追跡がありますが、条件が合いませんでした。)
まだアマゾンの準備が整っていないようで、今のところ大して影響出てませんが、近いうちには…でしょうね。
その時になって慌てたくないのであれば、各業者の営業さんにしっかり希望を伝えてください(^^)

まだ発送数が少ないのに特約なんて…と思うかもしれません。
ただ、契約する際の実績はほぼ自己申告です。
最悪でも次回の更新(たぶん1年後)の時に、契約更新してもらえないくらいなので、
ここは度胸で「これくらい出せると思います」で聞いちゃいましょう♪

ちなみに、たらい家の具体的な契約内容なんかは
ここでオープンにはできないので、
メルマガにて公開予定です。
8月から始められるように準備します(^^)

次回は…自己発送やFBAの登録と出品を少しずつやっていきます。
サイトマップも作成中なので、更新はのんびりです。
3連休にガンバレたらいいな( `ー´)ノ

本日もお付き合いありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

たらい(嫁)

夫婦でアマゾン中心にせどりや輸出入やってます。 お堅い話はおいといて、これからせどりや輸出入を 始める人のために、いいことも悪いことも ぶっちゃけトーク|д゚)でお届けしたいと思います